4回目接種

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

  さて、先日コロナワクチンの4回目の接種に行ってきました。

 

 基本的に4回目接種は65歳以上の高齢者に限定されるのですが、基礎疾患がある場合は65歳以下でも接種可能です。

 

 私は糖尿病という基礎疾患がありますので、接種することができました。

 

 自治体によっては接種券の申し込みをして接種券をもらうところもあるみたいですが、名古屋市の場合1、2回目で基礎疾患ありの申告をしていると自動的に接種券が送られてきます。

 

 会場は名古屋市中区役所でした。当初8月1日10:30の予約を希望していたのですが、満席で予約できず、妥協して8月5日10:30に予約しました。

 

 会場はそれほど混んでおらず、スムーズに進行していきましたね。ストレスフリーでした。スタッフの誘導も手慣れたものでした。あんなに大勢スタッフいるのかなというくらいスタッフがいました。資金潤沢なんですかね。

 

 接種は4回目が一番痛かったです。3回目までは肩に接種していたのですが、4回目は肩より若干二の腕寄りに接種されました。打つ人によって若干接種部位にずれがあるんですかね。

 

 3回目まで発熱はなかったのですが左腕の痛みは2、3日ありました。今回も左腕痛くなるのかなと不安です。日常生活に支障はないのですが、痛みがあるのは不快です。

 

 第7波の感染も猛烈に増えております。私の周りでも何人か濃厚接触者が出ております。自分にも移らないかちょっと心配です。コロナ、インフルエンザといった感染症への感染には無縁な人生を送ってきた私ですが、なんか今回はちょぴり不安ですね。マスクの着用と手洗いは徹底していくつもりです。

 

 もう5回目の接種も話題に上がっております。もし機会があれば5回目も接種したいと思います。接種するデメリットよりもメリットの方が大きいと思いますのでね。

 

 コロナに罹らないことを祈りながら暮らす日々です。いつになったら収束するんですかね。先が見えないです。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。