インフルエンザワクチン

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日インフルエンザワクチンの接種をしました。

 

 今年はコロナワクチン生産の影響でインフルエンザワクチンの生産量が少ないらしいです。

 

 例年、かかりつけのお医者さんから10月頃インフルエンザワクチンの接種を勧められるのですが、今年はそれがありませんでした。

 

 心配になって私の方からお医者さんにインフルエンザワクチンを打ちたいと申告しました。普段なら即OKなんですが、今年は少し間を置いて「いいよ」との返事を頂きました。あの間は何だったのかなといった感じです。やっぱりコロナウイルスワクチン同様高齢者や医療従事者優先なんですかね。

 

 インフルエンザワクチンは4000円でした。ちょっと財布に痛いなとは思いましたが、4000円で安心が買えるなら安いのかもしれないなとも思いました。インフルエンザに罹ると最悪ですからね。高熱吐き気で1、2週間悩まされるらしいですからね。

 

 ワクチンを打っても、100%安全ってわけではないんですよね。ワクチンの効かないウイルスもいるらしいです。そんなウイルスを他人からもらわないことを祈りながら日々生活しています。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。