横浜市長選挙

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日横浜市長選挙が行われました。

 

 立憲民主党推薦の候補が勝ちました。自民党や菅総理が推していた人は落選してしまいました。

 

 立憲民主党推薦の候補、反IRですからね。横浜市民はIRを望んでいないんでしょうね。

 

 確かにIR嫌なものがあります。カジノができて街の活性化につながる一面はありますが町の治安は相当悪化すると思います。

 

 名古屋にも競馬場やパチンコ屋等のギャンブル施設がありますが、やっぱりその近辺って治安が悪いですからね。反IRという横浜市民の気持ちよく分かります。

 

 しかし、この選挙で自民党が負けたことで、今後行われる衆院選は自民党に向かい風になってしまいました。自民党を応援している私としてはちょっとショックです。

 

 衆院選で自民党が圧勝することを祈っております。そしてマーケットが上昇することも祈っております。

 

 まぁ、横浜市長選では立憲民主党が勝ちましたが、党への期待ではなく政策への期待で勝ったようなものですからね。

 

 党への期待はいまだに自民党が強いと思います。菅首相の支持率が悪いこともありますが、それでも自民党勝ちそうな気がします。

 

 自民党が勝って、日経平均30000円越え期待しております。今現在27000円位ですので、3000円のアップですね。3000円のアップは大きいです。不安と期待を持ちながらマーケットを注視していきたいと思っております。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。