タイヤのパンク

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日車の走行中にタイヤがパンクしました。運転席側の後輪でした。

 

 大通りを走行中にパンクしたので、近くのコンビニに一時的に駐車しました。JAFに電話したところ40分待機していてくださいとのことでした。仕方がないので40分待っていましたが、その後更に作業が遅れているとの電話が入り、計1時間待っておりました。非常事態なので待ち時間は仕方がないことですが、1時間待つのは結構苦痛でした。メンタル的な不安が大きいですかね。本当に来るのかなと心配しておりました。

 

 1時間後、JAFの方が来たのですが、その日は物凄い大雨で作業は大変そうでしたね。ジャッキアップしてタイヤを外し、スペアタイヤを付けたのですが、作業員はびしょ濡れでした。作業終了後、一刻も早く後輪2つの交換を促されました。パンクしていない助手席側の後輪も交換するのは躊躇いましたが、プロのアドバイスですので従うことにしました。どうも私の車の後輪2つは2014年製らしくもう何時パンクしてもおかしくないとのことでした。

 

 スペアタイヤに変えた後、行きつけのガソリンスタンドに直行しました。後輪2つを交換するのには28000円かかるとのことでした。ちょっと痛かったですが、仕方がないので交換しました。

 

 これでしばらくパンクの心配はなさそうです。変な物を踏まない様に気を付けて運転したいと思います。

 

 しかし、困った時に助けてくれる人って本当に有難いですよね。只々感謝でした。

 

 私も困っている人がいたら力になってあげなければいけないなと思いました。情けは人の為ならずといったところですかね。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。