耳鼻科

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、私は昔から人の話が聞きとりづらいという悩みを持っておりました。理由は分からないのですが、なんか所々聞き取りづらいなということがよくありました。相手の声が小さいのもあるかもしれませんが、それはどうしようもないので、どうしたものかと困っておりました。

 

 そこでこの度思い切って耳鼻科を受診することにしました。長年受診しなきゃなと思っていたんですが、面倒くさくて行っておりませんでした。コロナ禍になったことでもう一度自分の健康をきちんと考え、気になっていることは医者に相談してみようと思ったわけです。

 

 耳鼻科に行くのは30年ぶりくらいでした。小学生のころ鼻のアレルギーで受診して以来でした。30年ぶりくらいに受診したら、お医者さんが息子の代に代変わりしておりました。時の流れを感じましたね。

 

 検査結果はというと特に異常無しとのことでした。検査は2、3分で終わりましたね。耳のクリーニングなるものをしてもらいました。結構大きな耳垢が5個ぐらい取れました。耳のクリーニングなんて生まれて初めてですからね。そりゃあ多くの耳垢が溜まっていたと思います。お医者さんが言うには、日頃自分でする耳掃除はあまり意味がなく、医者に2、3か月に一度のペースで見てもらうのがよいとのことでした。綿棒ではなくピンセットでクリーニングですからね。確かに効果はありそうだなといった感じでした。

 

 結局耳のすっきり感は得たのですが、人の話が聞き取りづらいという根本的な悩みは解決せず病院を後にしました。なんで人の話が聞き取りづらいんですかね。メンタルの問題なんでしょうか。全然理由が分かりません。

 

 人の話が聞き取りづらいって、結構相手に迷惑や不快感を与えるのでどうしたものかと困っております。でもどうしたらいいのか分からないのでどうしようもないのが現状です。なんか解決する良い方法はないかと迷い続けている日々です。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。