確定申告

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日令和2年の確定申告を行いました。

 

 医療費控除は年間に10万円以上医療費を遣った人が受けられるます。今年は内科、歯科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科等色々受診しましたが、年間10万円以上使ったか微妙な感じでした。計算してみると年間11万6千円でした。1万6千円の医療費控除が受けられました。

 

 10万円以上使って1万6千円しか控除が受けられないのはちょっと考えさせられるものがあります。医療費控除年間0円以上で受けられることにしていいんじゃないですかね。医療費は健康な人はあまり必要としないものです。医者からもあまり健康な方ではないと言われている私にとっては、結構痛い出費です。1万6千円の控除では悲しいものがあります。

 

 国民年金も控除されましたね。毎年のことです。私は国民年金を収めているだけで、厚生年金は収めておりません。将来破綻する可能性が高い国民年金を収めるのは、少々馬鹿馬鹿しいものがあります。年収300万円以上の人は国民年金を収めないと財産を差し押さえられてしまいます。年収300万円以上ある私は差し押さえが怖くて収めておりますが、本当は切りたい気持ちです。

 

 日経平均先物の税金も申告しましたね。1月1日からコロナ禍の初期の3月初旬までのものですが、20万円位損しておりました。只、かかる税金は利益が出ていないので0円です。まぁ、これは自分で好きでやっているものですので損失を出しても納得いくものがあります。負けた自分が悪いので仕方ないですかね。

 

 確定申告、毎年面倒くさいです。マイナンバーがあるなら税務署も個人の収支が把握できると思いますので、税務署で勝手にやって欲しいと思っております。自分でやる必要少ないと思うんですがね。

 

 今から来年が憂鬱です。またあの面倒くさい手続きをしないといけないかと思うと本当にうっとおしいものがあります。確定申告って面倒くさいですね。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。