インフルエンザワクチン予防接種

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日インフルエンザのワクチンを接種してきました。

 

 毎年恒例のことです。

 

 確か昨年は4500円だったと思うのですが、今年は3500円でした。ワクチンの値段って変動するんですね。高くなることはあっても安くなることはないと思っていたんですが、

安かったです。

 

 これまでの人生で一度もインフルエンザに罹ったことのない私ですが、何か心配で毎年ワクチンを接種してしまいます。かかりつけのお医者さんの勧めもありますが、備えあれば憂いなしですかね。4、5千円で安心が買えるなら接種するかといった感じです。

 

 人間、体や健康が資本ですからね。健康には気をつけたいものです。私は持病として糖尿病と貧血を持っておりますので、健康には気を使っている方だと思います。ですので、二病息災というかそれ以外の病気には今のところ罹っておりません。冬場に肌が痒くなる程度です。

 

 しかしインフルエンザのワクチンを接種すれば、絶対にインフルエンザに罹らないかというとそうではないらしいです。ワクチンに含まれているウイルスと違うウイルスによって罹る可能性もあるらしいです。

 

 なんでもインフルエンザワクチンに含まれるウイルスの種類は、その年の流行を行政が予想して決めるらしいです。予想が外れると罹ってしまうらしいです。ちょっとギャンブル的ですよね。

 

 さぁ、今冬もインフルエンザに罹らないことを祈りながら、やっていこうかと思っております。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。