自動車事故

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、先日自動車事故に巻き込まれました。

 

 場所は出来町通の名古屋市立大学前(基幹バスの駅では「萱場」)辺りでした。

 

 所謂追突事故で、信号待ちしていた私の車に後続車が突っ込んできたというものでした。

 

 相手も急ブレーキを踏んでいたみたいで、幸いなことに軽い衝突事故でした。体に異変もなかったので人身事故ではなく物損事故として処理しました。病院に行くのも面倒くさかったですしね。

 

 車は即修理工場行きでした。車の後部はべっこり凹んでおりました。まぁ、走行には何の支障もありませんでしたけど。

 

 事故から10日経った今でも車は修理工場から戻ってきていない状況です。ちょっと時間がかかっています。修理工場も忙しいんですかね。

 

 やっぱり代車は不便です。カーオーディオは使えないし、ドリンクホルダーも使いにくいです。それに代車で事故るとさらに面倒くさいことになりそうですからね。

 

 自動車事故って誰でも加害者にも被害者にもなり得ます。自分が加害者にならないように気を付けて運転する日々です。事故には巻き込まれないのが一番ですね。本当に面倒くさいです。唯一の幸いは大事故じゃなかったことですね。

 

 早く車が戻ってくるのを祈りながら、ここの所暮らしております。やっぱり自分の車が一番馴染んでいて運転しやすいです。代車は不便です。早く快適なカーライフに戻りたいと思っております。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。