菅新総裁誕生

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、新しい自民党の総裁として菅新総裁が誕生しました。岸田さんが2位、石破さんが3位でした。

 

 私は菅さんが新総裁になるかなと思いながらも、石破さんを応援しておりました。結果の出ないアベノミクスを変えてくれるかなと思ったからです。でも3位でしたね。石破さん相当嫌われてるんですかね。安倍首相と麻生さんには嫌われてるみたいです。

 

 菅さんが新総裁になったことでアベノミクスが継承されることが決まりました。まぁ、これもありなのかなといった感じです。只、菅さんが新総裁になっても国民の貯蓄志向は変わらないのかなと思います。やっぱり不景気な今日、消費より貯蓄に走りますよね。私もその一人です。いざという時に貯蓄しておかないと心配でなりません。日本人って堅実ですよね。

 

 菅さんの政策としては、デジタル庁の新設や携帯料金の値下げなんかが挙げられます。どちらも大歓迎です。行政への申請ってやたら面倒くさくて非効率なんですよね。デジタル化ありだと思います。時代のニーズに沿っていると思います。携帯料金に値下げもありだと思います。スマホの料金、高いですからね。

 

 菅さんは消費税の増税は10年位必要ないかなとも仰っております。社会保障の財源としての消費税です。私は個人的に消費税は上げてもいいのかなとも思っております。やっぱり社会保障、大切ですからね。国民から平等に社会保障の費用を徴収するためには消費税を上げるのは仕方が無いと思います。お金も大切ですが老後の生活も大切ですからね。

富裕層と貧困層の税制で違いがあるのは平等ではないと思います。国民全員に平等にかかる消費税、ありだと思います。

 

 これで菅新内閣総理大臣の誕生ですね。任期は安倍さんの任期であった来年の9月迄だそうです。ワンポイントリリーフだという声もあるみたいですが、期待したいです。まぁ、安倍政策をそのまま継承しているだけで安倍総理がやるのと変わらないですけどね。

 

 これで、マーケットに影響を及ぼす材料は米大統領選に絞られました。投資家でもある私は、トランプさんの再選を予想しております。アメリカファーストや保護主義など問題のある政策を掲げるトランプさんですが、アメリカの株価は上がっております。これにつられて日本の株価も上がってくれたらなと思っております。

 

 結局私って株価でしか政権を評価していないのかもしれません。投資家としては当たり前の考え方だと思っております。やっぱり儲けたいですからね。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。

 

 尚、来週はシルバーウィークの為、ブログの更新を1週間お休みさせていただきます。誠に申し訳ありません。