確定申告

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 1月末から新型コロナウイルスによる肺炎が流行っておりますね。最近では米国でも流行りだして緊急事態宣言が出ておりました。マーケットでも日経平均株価下がりまくりです。20000円割れしましたからね。東京オリンピックがどうなるか気になるところです。

 

 マスクやトイレットペーパー、ティッシュなんかも売り切れ続出みたいです。しかし、マスクはあまり効果がないとの話もあります。マスクより手洗いや消毒に励む方が効果的らしいです。

 

 取り敢えず私の周りでは感染者はおりません。私は生活している環境が良いからなのか、天災地変や疫病の被害は受けたことがほとんどありません。ですので世間は騒いでいるのですがあまり実感がないのが現状です。早く収束に向かって欲しいものです。

 

 さて、前置きが長くなりましたが先日確定申告をしました。毎年面倒くさくて嫌なシーズンです。

 

 医療費や社会保障費なんかを計算し控除額を決定し、併せて経費なんかも計算しました。医療費と経費の計算が面倒なんですよね。社会保障費は簡単なんですけどね。

 

 毎年のことですが計算が微妙に合いません。まぁいいや、これで提出してしまえといった感じです。今までも計算合わなかったですけど、税務署からツッコミを受けたことなんてありませんからね。こんな感じで良いんじゃないかと思っております。低所得だと税務署もそんなに本気で相手しないみたいです。

 

 しかし、確定申告をすると弊所の経営状態の悪さが浮き彫りになります。確定申告前に分かっていたことなんですが、いざその数字に直面すると暗い気分になりますね。来年こそは改善したいと思いながら特に何もしていないのが現状です。ふぅ、何とかしなければといった感じです。

 

 事務所の経営状態と投資のパフォーマンスが良くなることを祈りながら今日も生きております。今年こそは頑張ってやっていこうと思っております。

 

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。