12月の運用成績と2019年年間の運用成績

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、日経平均先物miniの12月の運用成績と2019年年間の運用成績を発表します。

 

 まず、12月はマイナス5万円位でした。そんなに大きな痛みではないのですがマイナスは嫌なものです。

 

 12月はマーケット的には可もなく不可もなくのレンジ相場でした。このレンジ相場が一番嫌なんですけどね。大きく上がる訳でもなく下がるわけでもなく、小刻みな乱高下でロスカットが積み重なっていく最悪の相場です。米中貿易摩擦の不安と期待が交錯し上げ下げを繰り返した日々でした。

 

 12月はずれが大きかったですね。ずれは運によるもので防ぎようがありません。本当に悔しかったですね。どうしようもないんですけどね。

 

 次に2019年年間の運用成績ですが、かろうじてプラスでした。何とかマイナスという最悪の事態は回避できました。一歩間違えればマイナスでしたがね。1月、2月のマイナスを1年間引きずった形でした。一昨年の12月に大幅な下落があったので1月、2月は調整でやばいかなとは思っていたのですが、勇猛果敢に突っ込みましたね。大失敗でした。どうしても突っ込んでしまうんですよね。良い予想は当たらないものですが、悪い予感は当たるものです。負けはしましたが突っ込んだことに後悔はありません。それが私のやり方でありトレードルールですからね。ルールの順守徹底これが投資には一番大切だと思っております。それを守れたのは良かったのかなと思います。

 

 2020年はどうなるんですかね。相変わらず米中貿易摩擦は続いております。いつになったら解決するんですかね。トランプさんと習近平の首はねなきゃダメですね。

 

 2020年に不安と期待を持ちながらが今年も頑張っていく所存です。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。