新年の御挨拶

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。本年もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。

 

 今年は新年早々良い出来事と不吉な出来事が起こりました。

 

 良い出来事は日経平均先物miniのスタートダッシュに成功したことです。昨年はスタートで大コケして、それを1年間引きずりました。今年のスタートダッシュの成功は嬉しいことです。やっぱり先行逃げ切りはメンタルへの負荷が少なくて楽です。

 

 悪い出来事は新年早々右上奥歯を抜いてもらいました。もともと虫歯だったのですが、そこに歯周病が加わり、その上爪楊枝で掃除しまくっていたので、歯がぐらついてしまい回復不能になってしまいました。抜かなくてもよかったのですが非常に気になったので抜いてもらうことにしました。痛み、出血はなかったですが、最初のうちは違和感がありました。すぐに慣れましたけどね。歯医者は右下奥歯も危ないかもしれないと言っておりました。多分腕のいい歯医者ですのでその発言にはドキドキで不安いっぱいです。まぁ、歯が抜けるのって良い事ではないので、新年早々縁起が悪いです。暗い気持ちになりましたね。昨年末からぐらつきの症状は出ておりましたので、昨年のうちに抜いておくべきだったなと後悔しております。

 

 今年の目標、抱負ですが、一に投資での成功、二に特許事務所の成功です。特許事務所の方は今年も積極的な営業活動はあまりしない予定です。積極的に営業をしても仕事がもらえることはまずありませんからね。無料相談の電話を待ち続けることになると思います。月1件あるかどうかですが、根気よく待ち続けるしかありません。本当はSEO対策したいのですが、経済的に厳しいです。悔しいです。

 

 投資の方は年間で元手を2倍にできないかなと思っております。シュミレーションの結果では2倍はそんなに難しい事ではありません。しかし実際はシュミレーションと現実にずれが生じてしまいます。はっきり言ってずれは運ですので、手法を変更してもずれを0にすることはできません。なるべくずれが生じないように祈りながら日々のトレードに励もうと思っております。そしてずれで生じた損失を補って余りある利益を上げられたらなと思っております。それには先物価格の大幅な下落が不可欠ですがね。

 

 今年は東京五輪と米国大統領選が控えております。これらの材料がどのように影響するか今から不安と期待を持っております。大幅に下落してくれたら、売りで利益を出せる上に上値が軽くなるという二重のメリットを享受できます。私は東京五輪後の下落に特に期待しております。

 

 さぁ、今年も一年頑張るかといった感じです。どんな一年になるんですかね。期待よりも不安の方が大きい今日この頃です。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。