10月の運用成績

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、日経平均先物miniの10月の運用成績を発表します。

 

 10月はプラス10万円位でした。まぁまぁ美味しかったです。

 

 10月は月初の小さな下落相場と月初から月末にかけての大きな上昇相場で利益を上げられたことが勝因だと思います。

 

 月初に21000円近くまで下落し、その後、23000円近くまで上昇しました。方向性を持ったトレンドでしたので、ほとんどロスカットがなく、大きな利益を上げることができました。

 

 米中貿易摩擦の影響が良い方へ出たのと米国企業決算が良かったのが勝因ですかね。今月は米国の利下げもありましたが、こちらは既に織り込み済みだったらしく、利下げ当日はほぼ無風でした。

 

 今現在、日経平均先物は23000円近辺です。今後さらなる上昇は期待しにくいのが現状です。11月は大きく下落してほしいものです。米中貿易摩擦が悪い方向に出ればあるかもしれません。とにかく上値が重いんですよね。下落させて上値を軽くしたいと思っている今日この頃です。まぁ、私の思い通りにマーケットが動くことなんて滅多にないんですけどね。最悪のシナリオは23000円近辺で乱高下することです。小さなロスカットの連続になってしまいますからね。

 

 11月もどうなるか全く予想もつきませんが、不安と期待をもって日々のトレードに励みたいと思っている今日この頃です。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。