消費税増税

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、10月1日に消費税が8%から10%に増税されました。

 

 軽減税率なるものが採用されて税制は複雑になりました。

 

 外食、酒を除く飲食物は8%で、後は10%のようです。因みにペットフードは10%だそうです。まぁ、ペットは飼っておりませんのであまり関係のない話ですが。

 

 しかし軽減税率必要ですかね。今更言っても仕方ありませんが、そんなに安くなるわけでもないのに税制は複雑になる愚行だと思いますがね。公明党が細かい注文をつけたんですかね。

 

 また、消費税増税の負担を軽減するためにキャッシュレス決済に対する還元制度も期間限定で実施されました。キャッシュレス派の私としましては大歓迎です。クレジットカードで買える物は全てクレジットカードで買っています。100円位は得していると思います。嬉しいですけど、100円得してもジュース1本分ですね。この制度も買い物が複雑になるだけでメリットはそれほど大きくないのかなと複雑な思いです。まぁ、キャッシュレス決済促進の一助になればとても良いことだとは思います。現金払いって今どきスマートじゃないですからね。

 

 一方、消費税増税を受けてのマーケットはどうだったかといいますと、10月1日は上昇しました。もう既に消費税増税は完全に織り込み済みだったようで、全く影響はありませんでしたね。10月2日以降は下落しましたが、これは米国の景気後退懸念が原因であるようで日本の消費税増税とは無関係みたいです。

 

 消費税増税は私だけでなく国民全員の問題です。個人的には消費税を上げても構わないので、医療や社会保障の充実に努めて欲しいものです。国民年金が信用できなくなった現在、消費税を社会保障に充てるのが良いと思っております。安心した老後を送ることができるよう国には将来性のある信用できる政策を打ち出してもらいたいものです。

 

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。