参院選公示

 いつもお世話になっております。デイズ国際特許事務所で所長を務めております弁理士の田林大介です。

 

 さて、7月4日に参議院選挙の公示がされました。7月21日投開票です。今回も選挙には行くつもりでおります。日本弁理士政治連盟に加盟しており、自民党員の私としましては選挙にはいかなければならないと思っております。やっぱり行かないと気まずいですからね。

 

 今回の参院選の争点は年金、経済、改憲だそうです。

 

 年金については、私の老後にも関わることなので、非常に興味があります。老後2000万円問題なんかも起きておりましたが、それでも自民党を支持します。

 

 正直言って国民年金は非常に不安です。老後月7万円程度もらっても生活ができるとは思えません。社会保障は消費税で賄って安定した老後を全ての国民に提供するのが良いと思っております。消費税10%じゃなくて15%でもいいんじゃないと思っている今日この頃です。

 

 経済については、投資をしている私としては非常に関心があります。しかし、アベノミクスが失敗に終わろうとしている今、何を演説するんでしょうかね。立場上失敗は認められないと思いますが、私個人的には失敗だと思っております。今現在物価2%上昇には程遠い状態ですからね。多分将来的にも無理でしょう。バラまいたはいいが企業や個人が消費ではなく貯金に走ってしまったことが大きな誤算だと思います。政府は企業が投資や賃金上昇に力を入れると考えていたみたいですからね。リーマンショック等でデフレマインドが染みついた今日、貯金に力を入れるのは当然のことといえます。政府はそこを考えなかったんですかね。完全な見誤りだと思います。

 

 まぁ、自民党圧勝が叫ばれている今回の選挙では、2016年の参議院選挙同様ご祝儀相場は期待しております。あの時は美味しかったです。今回も日経平均先物1000円位上昇すればなと期待しております。

 

 

 改憲については、私はどちらでもいい立場ですが、改憲するなら何時するのかはっきりした考えを聞きたいです。改憲は最早当たり前のことのように考えられております。やはり改憲すればマーケットにも影響が出るのは必至です。改憲のことよりマーケットの動きに関心がある私です。改憲の時期には非常に関心があります。

 

 そんなこんなで参院選よりご祝儀相場に興味津々の私です。日経平均先物23000円超えを期待しております。投資で儲かりますようにと祈りながら、7月21日の投開票を待ちたいと思っております。

 

 それでは、今日のところはこの辺で失礼します。 今後もデイズ国際特許事務所を宜しくお願い申し上げます。